国際政治学の理論:世界の今を正しく理解し、未来を予測する

受講者が毎年300名にものぼる人気講座をもとに、国際政治学の理論を体系化!
国際政治に無関心だった学生が真剣に耳を傾ける講義で、科学としての国際政治、歴史的背景の解説、パワーバランスのリアリズム理論、理想や国際協調を示す。
リベラリズムの理論を解説。時事問題ではなく科学で捉える国際政治学入門書。

著者プロフィール
日本医療科学大学保健医療学部助教。2009年ジョージア工科大学国際関係科学修士課程修了。長崎大学国際連携研究戦略本部助教(2011-2013年)、慶應義塾大学グローバルセキュリティ研究所

「国際政治学者」「国際政治ジャーナリスト」が活躍するテレビでは、時事問題の把握はできても客観的な分析はできません。

科学的なアプローチによる様々な理論を学び、客観的に分析して未来を描きましょう。
外交や安全保障は、自分の人生、あるいは子どもたちの将来に大きな影響を与えます。

穏やかな看取りのために:15の事例で学べる介護のポイント

未来の音を聴く:「音楽的な耳」を育てるウィレムスの教育

関連記事

  1. 夜の扉のなかにあるもの:元No.1ホステス、コロンビア大卒、外資…

    六本木の高級クラブでNo.1ホステスだった著者が、社会学的なまなざしと個人的な体験談を交えて…

  2. 平成の文学とはなんだったのか:激流と無情を越えて

    平成文学の三十年を一望し、縦横無尽に語り尽くす。昭和から活躍していた作家たち、また、平成にな…

  3. 遊戯哲学博物誌:なにもかも遊び戯れている

    本書は、斬新な世界像を提示する哲学の正統な後継である。軽やかな戯れと、実に真…

  4. 青臭さのすすめ:未来の息子たちへの贈り物

    2017年、38歳で「ステージ4」のがんを告知された2児の父である著者は、「思いやり」や「利…

  5. 現代に生きる夏目漱石

    新たな国民病とされる精神疾患、現代の作家への影響力、地方在住の作家への熱い眼差し、英語俳句等…

  6. トークイベント『平成の文学とはなんだったのか』@池袋ジュンク堂書…

    新刊『平成の文学とはなんだったのか』の著者ふたりによるトークイベントをジュンク堂書店池袋本店…

  7. 未来の音を聴く:「音楽的な耳」を育てるウィレムスの教育

    「未来の音」=「これから鳴る(鳴らす)音」を頭の中でイメージしておくことの大切さを説き、そう…

  8. 【近刊】『夢降る街角』ファンタジー作品集

    10月下旬、表題作の季節ハロウィンに合わせて刊行!ディズニーが好きなひとに贈る、戯曲…

PAGE TOP