トークイベント『平成の文学とはなんだったのか』@池袋ジュンク堂書店

新刊『平成の文学とはなんだったのか』の著者ふたりによるトークイベントをジュンク堂書店池袋本店にて開催します。

2019年10月9日(水)19:00〜21:00 (開場:18:30)
場所:4階喫茶コーナーにて
入場料:1,000円(ドリンク付き)
定員:50名

平成文学の三十年を一望し、縦横無尽に語り尽くす対談
重里徹也(文芸評論家) × 助川幸逸郎(日本文学研究者)

息が長い読書家、文学研究者のふたりが平成の文学を易しく語る。村上春樹、小川洋子、辻原登、古井 由吉、小川国夫、髙村薫、絲山秋子、村上龍、綿矢りさ、川上未映子、宮本輝、吉田修一、金原ひとみ、 佐伯一麦、大江健三郎、黒井千次、伊藤計劃、平野啓一郎(敬称略)ほか、多くの作家たちの作品を取 り上げる。小説はどのように時代を映しているか。10のテーマを立てて多角的に平成を照らす。ふたり の著者がそれぞれ選ぶ平成文学の「十選」や忘れられない作品「三選」、コラムも充実。平成文学のガイ ドブックとしても楽しめる。

【講師紹介】
重里徹也(しげさと・てつや)
文芸評論家。聖徳大学教授。一九五七年、大阪市生まれ。毎日新聞で学芸部長、 論説委員などを務めた。著書に『村上春樹で世界を読む』(三輪太郎との共著、祥 伝社)、『つたえるエッセイ』(助川幸逸郎との共著、新泉社)、『司馬遼太郎を歩く』 (共著、毎日新聞社)など。

助川幸逸郎(すけがわ・こういちろう)
日本文学研究者。岐阜女子大学教授。一九六七年、東京都生まれ。早稲田大学教 育学部卒、同大学院文学研究科修了。著書に『光源氏になってはいけない』(プレ ジデント社)、『小泉今日子はなぜいつも旬なのか』(朝日新聞出版)、『謎の村上春 樹』(プレジデント社)など。

☆受付…事前のご予約が必要です。1階サービスカウンターもしくはお電話にてご予約承ります。
ジュンク堂書店 池袋本店 TEL: 03-5956-6111 FAX: 03-5956-6100

平成の文学とはなんだったのか:激流と無情を越えて

【近刊】『夢降る街角』ファンタジー作品集

関連記事

  1. 【ご報告】トークイベント@池袋ジュンク堂

    池袋ジュンク堂書店トークイベント 2019年10月9日(水)19時~21時平成文学の三十年を一望…

  2. 夜の扉のなかにあるもの:元No.1ホステス、コロンビア大卒、外資…

    六本木の高級クラブでNo.1ホステスだった著者が、社会学的なまなざしと個人的な体験談を交えて…

  3. 平成の文学とはなんだったのか:激流と無情を越えて

    平成文学の三十年を一望し、縦横無尽に語り尽くす。昭和から活躍していた作家たち、また、平成にな…

  4. 遊戯哲学博物誌:なにもかも遊び戯れている

    本書は、斬新な世界像を提示する哲学の正統な後継である。軽やかな戯れと、実に真…

  5. まいど‼︎  酒場の大将あれこれ話

    大阪ミナミで南風酒膳「庵」を経営する飲食業界一筋のマスターが語る酒食の饗宴とお客様との心温ま…

  6. 未来の音を聴く:「音楽的な耳」を育てるウィレムスの教育

    「未来の音」=「これから鳴る(鳴らす)音」を頭の中でイメージしておくことの大切さを説き、そう…

  7. 国際政治学の理論:世界の今を正しく理解し、未来を予測する

    受講者が毎年300名にものぼる人気講座をもとに、国際政治学の理論を体系化!国際政治に無関…

  8. 現代に生きる夏目漱石

    新たな国民病とされる精神疾患、現代の作家への影響力、地方在住の作家への熱い眼差し、英語俳句等…

PAGE TOP