【新刊小説】トキシン

新薬の開発が進む北の海に、
それぞれの愛憎が交差する。

北海道の離島で新薬開発に尽くす若き研究者の野心と苦渋を描く。
学問の府も俗世であり、出世は努力と才能とは別の事情で決まっていく。
若者の成功譚であり成長譚となる本作は、毒を意味する「トキシン」を表題とし、
主人公が人生に埋伏した毒を読者は垣間見ることができる。

著者:蛍ヒカル

 
北海道大学大学院博士課程理学研究科終了後、国立旭川医科大学化学教員として勤務。この間、
蛍光に関する研究論文を米国学会誌に多数発表。2011年定年退職、2012年「桃源の島」で第36回
北海道文学大賞を受賞。近著に郁朋社より『八月のイコン』(2017年)、『日記』(2018年)が
ある。

令和2年8月発売  アマゾン他、書店配本手続き中 四六版・並製266頁 定価:1200円+税

ご注文はこちら

送料無料キャンペーン中
連絡先:info@harukazeshobo.com まで

【小説】サンピラー 

関連記事

  1. 【小説】サンピラー 

    陽から垂直に伸びる光芒に祝福される者さすらう偽医師と僻地医療の邂逅。厚労省による医師等資…

  2. 【近刊】『夢降る街角』ファンタジー作品集

    10月下旬、表題作の季節ハロウィンに合わせて刊行!ディズニーが好きなひとに贈る、戯曲…

PAGE TOP