新刊【八十冒険爺の言いたい放題】~超半世紀武者修行から若者とメディアへ

旅行の草分けが語る旅の神髄

ジョン万次郎の遠戚が戦後、渡航解禁後に見せた仰天の旅。戒厳令下のアラブ・アフリカ等訪問で暴漢撃退、軍・警察による
身柄拘束と脱出、入国拒否などの経験から危機管理と旅の楽しさを語る。アフガン国境カイバル峠にて 9・11 テロの予兆を
感じ取るなど、若者・ビジネスマンにも有用な臨場感あふれるエッセイと写真。

著者:近藤 節夫

1938年生。慶應義塾大学卒業後、鉄道会社を経て海外旅行好きが高じて旅行子会社の設立メンバー、役員へと進む。
1960 年代のインドネシア、独立直後の南イエメン、戦時下のベトナムへの渡航、中東戦争直後のエジプト・スエズの
潜入など現代史の貴重な目撃者となる。
日本ペンクラブ前理事、日本旅行作家協会会員

令和2年12月発売  アマゾン他、書店にて販売中 四六版・並製220頁 定価:1600円+税

ご注文はこちら
送料無料キャンペーン中
連絡先:info@harukazeshobo.com まで

【新刊小説】トキシン

関連記事

  1. まいど‼︎  酒場の大将あれこれ話

    大阪ミナミで南風酒膳「庵」を経営する飲食業界一筋のマスターが語る酒食の饗宴とお客様との心温ま…

  2. 未来の音を聴く:「音楽的な耳」を育てるウィレムスの教育

    「未来の音」=「これから鳴る(鳴らす)音」を頭の中でイメージしておくことの大切さを説き、そう…

  3. 平成の文学とはなんだったのか:激流と無情を越えて

    平成文学の三十年を一望し、縦横無尽に語り尽くす。昭和から活躍していた作家たち、また、平成にな…

  4. 君もガリレオになる:『新科学対話』(動力学):落下運動を図形幾何…

    物理・数学・科学史を好きなひとに向けた本。ガリレオは最晩年、力学の問題に取り組み、時…

  5. 現代に生きる夏目漱石

    新たな国民病とされる精神疾患、現代の作家への影響力、地方在住の作家への熱い眼差し、英語俳句等…

  6. 生と死の対話〜さっちゃんへのラブレター〜

    カウンセラーと末期がん患者との対話。どのように生き、どのように死ぬのか考えるようになったら読…

  7. 夜の扉のなかにあるもの:元No.1ホステス、コロンビア大卒、外資…

    六本木の高級クラブでNo.1ホステスだった著者が、社会学的なまなざしと個人的な体験談を交えて…

  8. 青臭さのすすめ:未来の息子たちへの贈り物

    2017年、38歳で「ステージ4」のがんを告知された2児の父である著者は、「思いやり」や「利…

PAGE TOP